額の赤丸 気に掛かる

シタベニセスジスズメ

施設周辺の花鉢に,朝の灌水。そろそろ終わりと,片付けしているところに,ス~っと飛んできた蛾。パッとみただけでスズメガの仲間だろうとは思うのですが,それ以上は図鑑を見ないとわかりません。葉裏に止まったりして撮影しにくいんだよなぁ,と見ていると,サンセベリアの中に入っていきました。これは!と何とか撮影した一枚です。

この蛾はシタベニセスジスズメ。「下紅背筋雀」ですかね。後翅に紅色の斑紋があるようですが,飛んでいるときは気付きませんでした。

いつもお世話になっている「みんなで作る日本産蛾類図鑑」さんの写真と絵合わせで同定しました。その決め手は,前翅前縁にある斜めの紋様。この仲間でここに筋状の模様が入るのは見当たりませんでした。

ところで,複眼の間にある赤丸は何でしょう? ダニでも付いているのかな?

2016/09/23 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さくて 大きい世界

フタホシサビカミキリ

ふと気がついて,建物の壁に近寄り,じ~っと見るけど,よくわからない。何しろ小さすぎます。もう,肉眼ではこの大きさで詳細な観察は無理,な年齢です。そこで,マクロ撮影。カメラに備え付けの深度合成機能を使って,何枚か撮影しました。

撮影したものを拡大表示して,ようやく正体判明。カミキリムシのようです。それ以上は図鑑とネットで絵合わせしながら探してみました。

フタホシサビカミキリ,背面から

このカミキリムシはフタホシサビカミキリと考えられます。「カミキリ情報館」内のページを参考にしました。小さくて判然としませんでしたが,こうしてみると,細かな模様もちりばめられていて,とてもキレイ。でも,先のサイトなど見ると,よく似た微少な種がたくさんいるんですね。さらに,「東京昆虫館」内のページによると,なんと,この種はメスしか存在せず,単為生殖しているのだそう。

カミキリムシの世界,噂通り,広くて奥深い世界のようです。

2016/08/17 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイミングよく

ショウリョウバッタ

何気なく目を向けた植栽で,見つけてしまったこの姿。これはもう,撮影するしかありません。で,この一枚となりました。

このバッタは,ショウリョウバッタ。和名の由来は2005年7月に紹介しました。明日から,旧暦のお盆。まさに,タイミングよく,です。

2016/08/14 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく見ると いろいろ付いている

ミヤコゴマフカミキリ

陸貝を求めて,日の出直後の公園をウロウロ。草ボウボウの植え込みに気軽に入っていけるのも,ハブのいない宮古島ならではです。そんな敷地境界の立ち枯れの切り落とされた木口にカミキリムシがとまっているのに気付きました。が,ちょっと高い。かなり高ければ諦めもつくのですが,ちょっと,なのです。懸命に手を伸ばし撮影したのがこの一枚です。やっぱりブレちゃってますね。

この虫はミヤコゴマフカミキリ。2008年5月にも観察していました。朝の光を浴びて,この虫特有の色合いが出ていませんが,仕方ないですね。写真をレタッチしていて気付いたのですが,お腹の下に何かついている。さらに首(?)の周りなどにもいっぱい。う~ん,現地できちんと見ていなかったのが悔やまれます。ダニなど外部寄生虫でしょうか,カビでも生えてきているのか。あるいはただの汚れなのか。ただ写すだけじゃなくて,そのものをよく見ないといけませんね。

2016/08/09 宮古島市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗くて 湿った 人工物

クロホシテントウゴミムシダマシ

三度目の観察も,これまでと同様,陸貝を求めてウロウロしている時の出会いでした。そして,いずれの場合もタイトル通り,暗い林の中にある湿った人工物,コンクリートの上でした。どうやら,コンクリの表面に生えたコケやカビとかそういったものと深い関わりがあるのかもしれません。

この甲虫はクロホシテントウゴミムシダマシ。気付いた時は,微小な陸貝かと思ったのですが,撮影してみると全く違っていました。これまでの2007年7月糸満市2009年8月沖縄市での撮影と比べると,TG-4とFD-1の組み合わせによる近接拡大撮影の威力は絶大です。

クロホシテントウゴミムシダマシ,交尾行動

今回の観察でも交尾行動が見られました。これまでの観察も季節は夏。繁殖の時期なんでしょうね。

2016/08/09 宮古島市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒っぽいのが識別点

ヤマトシジミ,メス,翅表

図鑑のシジミチョウのページ,特にこのような青っぽい種類の部分を見ていると,そう感じます。大抵の種で,メスの方が黒っぽいんですね。

で,ご多分に漏れず,この個体もメス。ヤマトシジミです(おきしま様にご教示いただきました。)。以前,この手の小さなシジミチョウで苦労したことがあったので,翅裏を撮影したかったのですが,なかなかうまい角度で見せてくれませんでした。ようやく撮れたのが次の一枚。

ヤマトシジミ,メス,翅裏

以前紹介した交尾のように,並んでいると性差もよくわかるんですが,一頭だけだと,なかなか。因みに,オスはこんな感じの色合いになります。

2016/05/20 南城市前川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

複眼のデザインもいろいろあるなぁ

ミナミキゴシハナアブ

初めて下地島にやってきました。以前,伊良部島にやってきた時,入り江を見るところまでは来たのですが,その時はお仕事中だったため,橋を渡れず終いだったのです。それから20年余り,ようやく初上陸しました。これも伊良部大橋開通のおかげですね。

さて,カメラを持ってウロウロしたのですが,最初に撮影できたのがこの一頭。ミナミキゴシハナアブ,のようです。撮影した時からハナアブの仲間だろうとは考えていたのですが,それは,この複眼を見て,というのも大きかったのです。花粉がいっぱい着いているなぁ,と。

でも,それは勘違い。何と,これは模様なんですね。ツマグロキンバエの複眼といい,複眼に表われる模様も,なかなか奥深そうです。

2016/05/04 宮古島市伊良部長浜周辺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなか見えない 円らなお目々

スキバドクガの雌,羽化直後

クリーム色の毛に覆われて,真ん丸真っ黒の複眼。この配色だと,絵に描いた瞳のようです。羽化して,羽が伸びきって,固まり,さぁ飛び立つぞ,というところなのでしょうか。それとも,雌はあまり飛び回らないのかな。いずれにしても,生まれたて(本当は,羽化したて)の姿は傷や欠けのない整った美しさがあります。

この蛾は,スキバドクガの雌。先月から続いた大発生も,これで一段落になりそうです。

2016/04/17 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○●そろい踏み 再び

スキバドクガ,羽化直後の雌雄

蛹が見られるようになって2週間,大発生していたスキバドクガが羽化の最盛期を迎えたようです。そうすると,この一枚にあるように,ちょっと大きなの傍らに,ひと回り小さなが寄り添うようにとまっているのです。このペアだけでなく,数組見られたので,繁殖に関わる行動なのかもしれません。

こうして並ぶと,性的二型が,いっそうハッキリします。前にも書きましたが,これだけちがうことに利点って何でしょうか。

2016/04/10 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛び立つ前は 透けてない

スキバドクガ,羽化直後の雄

2週間ほど前に気付いたスキバドクガの大発生,その後,みんな蛹になって,糞で汚れる,ということもなくなっていました。で,今日見つけたのは,ご覧の通りの羽化直後の姿。これは翅が透けている雄個体ですね。

でも,鱗粉の名残なのか,翅一面に細かな毛のようなものが付着していて,しかも,場所によって微妙に色も違っている。羽ばたくと,簡単にとれてしまうものなのかもしれません。

蛹の周りの黄色い毛はそのまま残っていますね。

2016/04/10 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧