7度目の旅立ち

H-ⅡBロケット7号機の飛跡

度重なる打上げ延期で,予定時刻がだんだんと早くなり,遂に午前2時52分に。

さすがにこの時刻だと夜明けまで時間がありすぎて,4号機の時のような見事な噴煙や夜光雲は望めないだろうなぁと思いつつも,見ないことには始まらないと遠征してみました。

仮眠をとって,目が覚めたら打上げまで1時間もありません。。慌てて車を走らせて,現地に着いたら2時45分。三脚立てて,構図を決めて,ライブ中継にアクセスして,シャッター切って,何とか写せた一枚です。

地平線から斜めに立ち上がる赤い線,種子島宇宙センターから打ち上げられたH-ⅡBロケット7号機の飛跡です。TG-4のライブコンポジット機能を使ってカメラにお任せで2分間露光しました。

その後,夜明けまで待ってみましたが,夜光雲は視認できず。県内から撮影に成功した方もいらしたようですが,わたしの機材と腕では如何ともしがたいな,と思います。

Natural History とは,あまり関連がありませんが,記念写真として。

2018/09/23 八重瀬町八重瀬公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満月の獅子を食べる影

食される獅子,部分食

さて,月食でもう一本。というか,こちらがメイン。

半年前の月食が悪天候で観望できず,3年ぶりの観望・撮影となりました。この間に,光学系も新しいのが加わったので,今回は2本立てで撮影してみました。

この一枚は,皆既前,本影がかかってきた頃(03:37,部分食の始まりが03:24頃)のもの。望遠鏡にコンデジ(TG-4)手持ちでコリメート。たくさん写した中の何とか見られる一枚です。食が浅く光量が充分なうちはそれなりに撮影できていたのですが,やがて露出もピントも合わなくなってしまいました。マニュアル撮影不可の悲しさです。

赤銅色になってきた,部分食

一方こちらはLumix FZ38を三脚に据えてマニュアルモードで撮影。ピントが今一なところはご愛敬。ターコイズフリンジが写せるかなぁ,せめて青っぽい色だけでも…と期待したのですが,うまく撮影できませんでした。望遠鏡で見ていると,明暗境界が緑っぽく感じられたのですが。

間もなく皆既

こちらは皆既直前の04:28頃のもの。皆既食の始まりが04:30頃ですから,本当にもう間もなくといったところ。本影の中心側がかなり暗く,黒くなっていて,適正露出を得るために試行錯誤した一枚です(得られた,ということではありません,念のため)。

半影食開始直後,ほぼ満月

最後は月食が始まった直後,02:26頃の月。半影食の開始が02:13ですから,ほぼ満月。南中を過ぎて,西に傾いてきて,蟹は逆さま,女性は仰向け,そして獅子は勢いよく跳びかからんばかりです。

2018/07/28 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別に対抗しているわけじゃない

月火接近,皆既中の月と大接近中の火星

この日は半年ぶり皆既月食。1月の月食は厚い雲に阻まれて観望できず。明け方の,しかも月没帯食と,条件は悪かったのですが,リベンジでもありますから,準備を整えて待ち構えることにしたのです。

折しも,火星が大接近中。夜半,南の空で赤い光を放っています。会合というほどではありませんが,月の近くに位置していたので,皆既中の赤銅色になった月と一緒に撮影してみました。

今回の月食の印象は,ずいぶん暗いなぁ,というもの。光度が低いということもあるのでしょうか,皆既近くになってからは,赤っぽいというよりは黒。とても見にくくなっていました。

2018/07/28 04:42頃 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまたま向けたら写ってしまった 星食,明縁出現

αTauの星食,明縁出現

新しいカメラも購入したし,久しぶりにデジスコで月を撮影してみようかな,と三脚立てて何枚か撮影。すると,月の端っこで強い光。う~ん,こういうのを発光現象というのかなぁ,なんて思いながら露出を変えて撮影を続けていました。で,室内に戻って気付いた,今夜はアルデバラン食。

写真は,明縁出現直後,アルデバランが写っているもっとも最初の一枚。Exifによると 2016/05/08 19:27:53 とあります。その次の一枚をトリミングしたのがこちら。

αTauの星食,明縁出現

まぁ,初デジスコ記念ということで。

2016/05/08 那覇市


| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年後,また見られるかな

皆既月食


今夜は半年ぶりの皆既月食。前回は準備不足で,ピンぼけ状態だったので,今回は!と意気込みだけはあったのですが,結果的にはこんな感じ。撮影を始めた頃には雲が多くなっていて,流れる雲の切れ間から時々のぞく月をねらって撮った一枚です。

今回の月食は皆既継続時間が12分間と短いのが特徴。この一枚も食の最大に近い時刻(20:59:54頃)なんですが,まだ,左上が食されていないかのように白く輝いていました。

次に国内で皆既月食が見られるのは,3年近く後の2018年1月31日。その時は,スッキリ晴れた空で見上げたいものですが,自分自身はどこで何をしているやら。

2015/04/04 沖縄県与那原町

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年最後の 月面X

141129lunarx04

継続時間が1時間ほどと短いものの,年に数回あることを考えれば,比較的観察しやすい現象といえるのかもしれません。

月の欠け際に「X」の文字が浮かび上がるという「月面X」。今回は半月学会の例会と重なって,多人数でたのしむことができました。

この一枚は前回の撮影よりも露出をオーバー気味にしてみたもの。やはり,これくらいのほうが「X」の文字をハッキリと見ることができるようです。

2014/11/29 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久方ぶりの 赤い月

141008lunar_eclipse

この日は,久しぶりに好条件の皆既月食。朝のうちは気持ちのいい晴天だったのですが…午後から雲が広がって,日が暮れる頃にはすっかり曇天。これは望み薄いかなぁ,,,と思っていたら,なんとか観望できました。

そろそろ食が一番深い頃だなぁと思って外に出てみると,何と雲に切れ間があって,赤い月が覗いています。慌ててカメラを持ちだして,手持ちで撮った一枚です。さすがに三脚使った時とは違って鮮明さに欠けますが,これも記録ということで。次は抜かり無く準備しておきたいものです。

2014/10/08 19:55頃 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新旧一致

月齢1の月と金星の会合

今年はたまたま,新暦の1月1日が旧暦での12月1日に当たります。このため,1ヶ月(旧暦での,ですが)は新旧の暦が一致します。

ということで,2日の今日,月齢1の細い月が夕焼けの中に見られました。しかも,すぐ近くには内合間近の金星が輝いていました。そこで,今年最初の月金会合をパチリ。撮影してから,よ~く見ると,どうも金星が丸くない。もちろん,この時期は三日月形になっているはずですが,どうやら,それが撮影出来ているようです。

内合間近の金星

そこで,金星だけを最大望遠で撮影したのがこちら。ハッキリと三日月形に移すことが出来ました。台の上に据えたカメラを手で支えながら角度を調節,シャッター切った一枚です。三脚があればもっと…とも思うのですが,想像していた以上に大きく写せました。

最後は,地上の風景も一緒に写した一枚。穏やかな晴天の年明けでした。

月齢1の月と金星の会合

2014/01/02 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには 下弦も

下弦の月

上弦に比べて,なかなか撮影することのない下弦の月。この1枚も午前1時半ごろの撮影です。帰宅途中に見上げた空に,キレイに輝いていたので撮影してみました。

よく見ると,欠け際にXの模様が。

月面Xといえば,上弦の月ですし,下弦の時に騒がれていることもないので,たまたまそう見える,ということなのかもしれません。

2013/07/01 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最初の 月面X

月面X

半月の晩,数時間だけ見られる月面X。今年最初の機会は,幸い雲もなく,ばっちり観測出来ました。デジカメの望遠側で撮影,トリミングのみ,です。前回2012年10月のときよりも,やや月の自転(公転?)が進んでいるようです。刻々と変化していく「X」を追ってみるのもたのしそうですね。次回は3月に予報されています。

2013/01/19 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (2)