額の赤丸 気に掛かる

シタベニセスジスズメ

施設周辺の花鉢に,朝の灌水。そろそろ終わりと,片付けしているところに,ス~っと飛んできた蛾。パッとみただけでスズメガの仲間だろうとは思うのですが,それ以上は図鑑を見ないとわかりません。葉裏に止まったりして撮影しにくいんだよなぁ,と見ていると,サンセベリアの中に入っていきました。これは!と何とか撮影した一枚です。

この蛾はシタベニセスジスズメ。「下紅背筋雀」ですかね。後翅に紅色の斑紋があるようですが,飛んでいるときは気付きませんでした。

いつもお世話になっている「みんなで作る日本産蛾類図鑑」さんの写真と絵合わせで同定しました。その決め手は,前翅前縁にある斜めの紋様。この仲間でここに筋状の模様が入るのは見当たりませんでした。

ところで,複眼の間にある赤丸は何でしょう? ダニでも付いているのかな?

2016/09/23 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなとこにも 未記載種

ハエトリグモ未記載種

通りすがりにふと気付く,建物の壁にハエトリグモ。う~ん,何だろう,と思いながら,とりあえず撮影。こんな時は,TG-4とFD-1の組み合わせで。ですが,そこは目のいいハエトリグモ。なかなかピタリと止まってくれませんし,フラッシュの瞬間に跳んでしまったり(文字通り),なかなかいいショットになりません。結局,フラッシュはオフにして何とか写せた一枚です。

写真を見て,触肢に白い毛が密生,斑紋も特徴的ですぐわかるだろうと思ったのですが,残念。Web図鑑で絵合わせしても種名は不明でした。

と,そんなこんなをツイートしたところ,ハエトリひろばさんのご教示によって解決。何と,「名前がないやつ」なんだそうです。身近で目立つ生き物だと思うのですが,まだまだ未記載種がいるんですね。

2016/09/19 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さくて 大きい世界

フタホシサビカミキリ

ふと気がついて,建物の壁に近寄り,じ~っと見るけど,よくわからない。何しろ小さすぎます。もう,肉眼ではこの大きさで詳細な観察は無理,な年齢です。そこで,マクロ撮影。カメラに備え付けの深度合成機能を使って,何枚か撮影しました。

撮影したものを拡大表示して,ようやく正体判明。カミキリムシのようです。それ以上は図鑑とネットで絵合わせしながら探してみました。

フタホシサビカミキリ,背面から

このカミキリムシはフタホシサビカミキリと考えられます。「カミキリ情報館」内のページを参考にしました。小さくて判然としませんでしたが,こうしてみると,細かな模様もちりばめられていて,とてもキレイ。でも,先のサイトなど見ると,よく似た微少な種がたくさんいるんですね。さらに,「東京昆虫館」内のページによると,なんと,この種はメスしか存在せず,単為生殖しているのだそう。

カミキリムシの世界,噂通り,広くて奥深い世界のようです。

2016/08/17 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイミングよく

ショウリョウバッタ

何気なく目を向けた植栽で,見つけてしまったこの姿。これはもう,撮影するしかありません。で,この一枚となりました。

このバッタは,ショウリョウバッタ。和名の由来は2005年7月に紹介しました。明日から,旧暦のお盆。まさに,タイミングよく,です。

2016/08/14 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一度はその味,試してみたい!

イヌマキの花床と種子

駐車場の脇にたくさんなってたよ,と聞いて,それはぜひと,さっそくカメラを持ち出してパチリ。少しだけ枝先を折り取って室内に持ち帰り,いろいろ観察させてもらいました。

この果実のようなものはイヌマキの種子。微妙な表現になっているのは,イヌマキがいわゆる裸子植物で,写真左側の赤く色づいている部分は「花床」で果実ではないのです。右側にくっついている部分が種子なんですね。実際には包葉に包まれているとのことですから,雌花のうちに観察しておきたかったと悔やまれます。

イヌマキの花床と種子の断面

この花床,何と食べられるんだとか。甘みもあるということで,これはぜひ試したい。が,どんな色になると熟しているかがわからなかったので,とりあえず切り開いてみたのがこちらの写真。汁気がたっぷりで,いかにも美味しそう。鳥がつつくようになったら,食べられるかな。

イヌマキ,木になっている様子

木になってるときはこんな感じ。まだ傷ついているもの,落ちているものがほとんどなかったので,しばらく待ってみます。

2016/08/03 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉢巻き模様も 単純じゃない

アダンソンハエトリの雄,背面から

毎度おなじみ,アダンソンハエトリの雄。今度は,真上から撮ってみました。遠目に見ている限りでは,真っ黒な体に白の鉢巻きをしているように感じるのですが,こうして拡大すると,かなり複雑な紋様があるんですね。頭胸部をぐるっと囲む鉢巻きの部分は腹部の帯や点と同じ乳白色。それに比べると,触肢の白は純白です。黒に見えていた体だって,飴色や茶色の微妙な色彩パターン。脚は縞々ですしね。

こちらは別角度から。画鋲と一緒に写せたので,その小ささがよくわかりますね。

アダンソンハエトリの雄,画鋲と一緒

2016/07/05 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小っちゃいうちは 眼が大きい!?

ハエトリグモの幼体

ハエトリグモが続きます。

この一枚は,ベランダの壁に止まっていたもの。置いてあるプランターのムラサキゴテンに集まってくる小昆虫でも狩っているのでしょうか。

腹部の斑紋からすると,おそらくくアダンソンハエトリではないか,とも思うのですが,全く自信はありません。何より,小さなからだに不釣り合いなくらい大きい単眼が目を引きます。小さいうちからこんなに大きいのは,何か理由があるんでしょう。(クモにとっての)可視光の波長と屈折率の関係など,物理的な要因がありそう,と想像してますが,こちらも確証はありません。

ハエトリグモの幼体

2016/07/01 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真ん丸お目々で 見つめてる

アダンソンハエトリの雄

購入して1年ほどになるTG-4に新しいアクセサリが出たので,さっそく購入してみました。が,撮影に出る機会がなかなかない。で,やっぱり身近なものでテストとなりました。

このクモは,アダンソンハエトリの雄。室内で普通に見られるハエトリグモですね。白い触肢を振る姿が印象的で,以前,こんな記事を投稿しています。

カメラを変えて,かなり近寄り,さらに拡大できたので,印象的な一枚となりました。

別な角度からは,こんな感じ。これだと横に並ぶ眼も写せて,いい感じです。

アダンソンハエトリの雄

2016/06/26 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (2)

なかなか見えない 円らなお目々

スキバドクガの雌,羽化直後

クリーム色の毛に覆われて,真ん丸真っ黒の複眼。この配色だと,絵に描いた瞳のようです。羽化して,羽が伸びきって,固まり,さぁ飛び立つぞ,というところなのでしょうか。それとも,雌はあまり飛び回らないのかな。いずれにしても,生まれたて(本当は,羽化したて)の姿は傷や欠けのない整った美しさがあります。

この蛾は,スキバドクガの雌。先月から続いた大発生も,これで一段落になりそうです。

2016/04/17 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○●そろい踏み 再び

スキバドクガ,羽化直後の雌雄

蛹が見られるようになって2週間,大発生していたスキバドクガが羽化の最盛期を迎えたようです。そうすると,この一枚にあるように,ちょっと大きなの傍らに,ひと回り小さなが寄り添うようにとまっているのです。このペアだけでなく,数組見られたので,繁殖に関わる行動なのかもしれません。

こうして並ぶと,性的二型が,いっそうハッキリします。前にも書きましたが,これだけちがうことに利点って何でしょうか。

2016/04/10 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧