黄色い体は夜間の徴

リュウキュウカジカガエル

日も暮れて,あたりは真っ暗。とはいえ窓辺は明るい施設の中庭。何と,カエルがいました。

2階の廊下に囲まれたわずかな空間,外部とは上空と排水口のみでつながっているこんなところにも野生生物はいるんですね。ビオトープっぽく水場が設けてあることも,カエルの生活に役立っているのでしょう。

このカエルはリュウキュウカジカガエル。昼間はこんな体色ですが,夜になるとオスのみ黄色っぽく色を変えるんだとか。確かに褐色の個体も近くにいました。繁殖してオタマジャクシが見られるのか,たのしみなところです。

2017/07/13 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を運んできたのかな

先日紹介した時は1頭だけしか観察できなかったリュウキュウスナハキバチ。よくよく探してみたら,大群で営巣していました。さらには,ちょっと離れた砂地にも小規模ながら営巣地を発見。サンゴや貝殻の破片からなる海砂を人為的に撒いてある場所なんですが,砂が深いところには穴を作らないようで,そこからこぼれたような,一見するととても不安定な場所を好むようです。

リュウキュウスナハキバチ,オサヨコバイを運んできた。

で,たくさんいれば,いろんなドラマが見られる。この一枚は,ちょうど獲物を置いたところを捉えたものです。巣穴の近くに置かれた獲物,どうもオサヨコバイのようです。こんなものを狩っているんですね。

こちらの一枚は獲物を抱えて穴に入ろうとしているところ。茶と白の縞模様はカメムシの腹部に見えます。さて,獲物の正体は何なのでしょう。

リュウキュウスナハキバチ,カメムシ?を運んでいる。

オマケは比較的よく写っていたカットから2枚。黄色の斑紋には個体差があるんですね。

リュウキュウスナハキバチ

リュウキュウスナハキバチ


2017/07/02 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獲物を運んできたけれど

キンモウアナバチとヒメクダマキモドキ

里山的環境が近くにあるこの場所は,その気になれば多様な生き物を観察できるのかもしれません。

今日はふと気付いた足元のハチ。大きな荷物,緑色のキリギリスを運んでいました。ぐるっと飛んで,そのうち着地。そのすぐそばには巣穴が掘ってありました。その穴を隠すように枯れ葉が置いてあって,このハチが置いたものならば,なかなか巧みだなぁと思いました。

このハチは,キンモウアナバチ。図鑑にはクダマキモドキを幼虫に与える,とあります。では,この獲物はというと,翅脈がよく写っているものを強調してレタッチすると…枝分かれしていません。ということで,ヒメクダマキモドキに同定しました。

キンモウアナバチとヒメクダマキモドキ

何度か巣穴に出入りすると,再び獲物を抱えて飛び去ってしまいました。カエラを気にして,,,ならば,済まないことをしてしまったなぁと思います。獲物を巣穴に運び込む様子はこんな感じ。2004年7月上旬,渡名喜島での観察です。同じような時期,同じような環境ですね。

2017/06/30 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりで 家捜し

リュウキュウスナハキバチ

梅雨明けはしたものの,カラッと晴れあがるとはいかず,どんより蒸し蒸しとした天気。でも,虫たちは元気に活動していました。その中でも,足元の砂地を超低空飛行で飛び回る姿。ちょっと小ぶりの黒いハチ。以前にも観察したリュウキュウスナハキバチです。

2006年渡名喜島での観察も梅雨明け直後でした。この時期が繁殖に向けて活発に活動する時期なのかもしれません。不思議なのは,今回の観察では1頭だけだったこと。前回は狭い砂地を大きな群れで飛び回っていたのですが,今回はこの1頭だけでした。

曇天の陰で少し光が足りませんでしたが,観察の記録として,です。

2017/06/26 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (1)

白斑ないけど 黒点キラリ

ニセマツノシラホシゾウムシ

県都那覇市とはいえかなり端っこの方,里山的環境が近くにあるためか,夜になると窓辺はそのまま灯火採集状態です。いろんな来訪者がありますが,このとき気付いたのは小さなゾウムシ。窓の外に置いてあったプラ容器の縁にちょこんと止っていました。

このゾウムシは,ニセマツノシラホシゾウムシ,と思われます。というのも,ニセ‐というだけあって,よく似た種類がいくつか。識別点を踏まえて撮影したわけではないので,決め手に欠けるということです。でも,撮影しながら感じていたのは小循板がキラリと光っているなぁということ。これを根拠の同定です。この角度だと,小循板が光っているの,よくわかりますね。

ニセマツノシラホシゾウムシ

2017/06/12 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全身豹柄

ツマグロヒョウモンのオス

この春から環境が変わりました。これまでとは違って,周囲に緑がいっぱい。人の手が入った二次林や放置された草むらなんですけれども,見られる生き物も変わってきそうです。だがしかし,撮影に出かけるゆとりもなくて,この日まで過ぎてしまいました。

今日はスキマ時間を作って,何かいないかと施設の裏のスペースへ。全く手入れが行き届かず,草ボウボウになっています。そんなところの日だまりにいた蝶を撮影。これまでにも何度も紹介したツマグロヒョウモンです。

この個体は「ツマグロ」になっていない,すなわち,翅の全面が豹紋で,これはオスの特徴。今回の撮影では,日光が万遍なく当たってその紋様がキレイに写せました。

2017/04/28 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな訪問者 3

カンヒザクラを訪れるセイヨウミツバチ

この時期の恒例,サクラとミツバチ。桜といってもカンヒザクラ,ミツバチは,おそらくセイヨウミツバチでしょう。

今年は去年より,ちょっと近付いて撮影できました。まだ後脚に花粉団子ができていませんね。

去年との違いはもう一つ。今年は桜の開花が遅れて満開になったのがつい先日。去年より2週間以上も遅くなっています。生物季節観測の大切さを感じます。

春の空とカンヒザクラ


2017/02/21 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念無念の乾燥済み

アカマダラヨトウ,正面

新年最初の撮影は,エレベーター前の床に止まっていた一匹の蛾。普段見かけない白っぽい種類だったので,これは絵合わせで同定できそうと,そそくさとカメラを取り出して逃げないでくれよと,そぅっとレンズを近づけ撮影しました。

まずは一枚を確保してから,角度を変えて数枚撮影。微動だにしないのを不思議に思いながらも,そのまま置いて立ち去りました。

が,翌日になってもそのままの場所にいる。う~ん,もしかしてと,突っついてみたら,何と,もう,死んでカラカラになっていました。見直してみると胸部の毛が剥がれ落ちていますね。

アカマダラヨトウ,背面

この蛾はアカマダラヨトウ。食草のハマオモトは道路沿いの植え枡などにも,よく見かけます。本来は海岸棲なんでしょうが,都市の環境に進出してきているのかもしれません。



2017/01/03 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同期か 親子か 兄弟か

フタスジハリカメムシ

2016年も大晦日。今年は撮影のためにどこかへ出かける,ということが一度も無く終わってしまいました。それを象徴するかのような一枚。今年最後の生き物撮影でした。

この虫はフタスジハリカメムシ。街中の植え枡のハリツルマサキに群れていました。オモシロイと思ったのは,いろんな成長段階のものが混ざっていたこと。この一枚にも成虫もいれば終齢とおぼしきもの,さらにとっても小さな幼虫が写っています。はたして,これは子の世代になるのか,それともたまたま成長に差が出てしまったものなのか。

何よりも,この時期に,こんなに多様なステージで活動していることが驚きです。前回の観察は2月末でした。成虫の活動期間は冬場が中心なのでしょうか。知らないこと,わからないことがいっぱいです。

2016/12/31 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白目を剥いて…いるわけじゃない

リュウキュウハシブトガラス

沖縄の暮らしで珍しいもの,その一つがカラスです。人がたくさん住んでいるところにはカラスがいない,という話を以前紹介しました。

けれども,状況が変わってきているようで,最近は本島中南部でもカラスが数羽で行動しているのを見かけるようになってきました。この時も,カラスが騒いでいるのが聞こえてきたので,慌ててカメラを持ち出して写せた一枚です。

このカラスはリュウキュウハシブトガラス。渡名喜島で撮影した個体をオサハシブトガラスとして紹介しましたが,オサ‐は八重山に分布する亜種のようです。

目が白っぽくなっていますが,もちろんこれは白目では無くて,瞬膜が閉じているため。力むと出てきてしまうんでしょうか。

リュウキュウハシブトガラス

2016/11/28 那覇市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧