« 正面から 睨んでくる | トップページ | Xには まだ早い »

このまま 宙を舞えそうな

クロモンカギバ

今朝,建物の壁にとまっているのを見つけた蛾。形がアルソミトラの種子を思い出させます。このままでも滑空できそうですが,もちろん蛾ですからはばたくんでしょうね,きっと。

見つけたときにカギバガの仲間だろうと思ったのですが,後から図鑑で絵合わせしてギンモンカギバではないかと予想,更にネットで検索,いろいろ調べて,クロモンカギバと同定しました。

翅脈がフラッシュを反射して銀色に輝いています。まるでスパンコールが並んでいるようですが,どんな機能があるんでしょうか。この種が視覚に頼っているとは考えにくいし,夜行性だとすると,そんなに強い光を受けることもないでしょうし。まったく,不思議がいっぱいです。

2021/03/11 宜野湾市

|

« 正面から 睨んでくる | トップページ | Xには まだ早い »

01_昆虫」カテゴリの記事

34_中頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正面から 睨んでくる | トップページ | Xには まだ早い »