« 地味ながらも 美しい | トップページ | 鳥拓残して 無事飛び立つ »

坂の上の紺色

ムラサキツバメ

久しぶりにやってきた県民の森。いつものように渓流コースを一巡り,いつもの顔ぶれを撮影して,昼ご飯。休憩した後,登山コースへ入ってみました。というのも,今回のお目当ては,この時期に実りを迎えるドングリたち。できればイタジイ,マテバシイも採りたいなと考えていたのです。

すると何頭も見られたのがこの蝶,ムラサキツバメです。飛んでいるときは翅の表側が紫色に輝いてとても美しいのですが,とまってしまうとこの通り,翅を揃えて立ててしまうので全く見えなくなってしまいます。かなり粘ったのですが開いたところは撮影できませんでした。

食樹がマテバシイなどだそうで,この場所で見られるのも当然なのですが,何しろ滅多に登山コースには来ないので,全く気付いていませんでした。

2019/10/16 恩納村県民の森

|

« 地味ながらも 美しい | トップページ | 鳥拓残して 無事飛び立つ »

01_昆虫」カテゴリの記事

34_中頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地味ながらも 美しい | トップページ | 鳥拓残して 無事飛び立つ »