« 吸水タイム | トップページ

今度は 表も

クロマダラソテツシジミ,翅を開いて

何気なく立ち寄った,国道脇の海岸。手付かずの自然ということはないけれど,それなりにいろいろな生き物たちが活動していて,撮影意欲が高まります。

崖下のセンダングサなどの群落を飛び回っていたのは,クロマダラソテツシジミ。崖の上の方にはソテツの群落がありましたから,珍しいということもないのですが,この時は翅を開いて,表側を見せてくれました。

シジミチョウの仲間は翅を立てて閉じていることが多いのですが,どんな時に開くのでしょう。日向ぼっこかな,それとも縄張りの主張?
わからないことはたくさんあります。

こちらは,同じ個体の翅を閉じているとき。裏側の斑紋もキレイに撮れました。

クロマダラソテツシジミ,翅を閉じて

2019/08/18 大宜味村宮城

|

« 吸水タイム | トップページ

01_昆虫」カテゴリの記事

33_国頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吸水タイム | トップページ