« こんな時期にも 鳴いている | トップページ | その白さが 際立っている »

こんなところにも やってくる

コクゾウムシ

昼間に撮影しておいたゾウムシの写真をレタッチ,図鑑やネットで何という種類か調べます。すると,どうやらコクゾウムシ(いつもお世話になっている「虫ナビ」さまのページによる)のようです。

コメなど貯蔵穀物の害虫ですが,何でこんなところにいたのでしょう?周りに民家が無いことはないけれど,そんなところからの分散移動の途中だったのでしょうか。

上掲の虫ナビさまのページによると,沖縄本島にはコクゾウムシ属(Sitophilus)が3種分布しているようですが,最も一般的なコクゾウムシとしておきます。この種だけが飛べるということもありますし。

2019/02/27 那覇市

|

« こんな時期にも 鳴いている | トップページ | その白さが 際立っている »

01_昆虫」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな時期にも 鳴いている | トップページ | その白さが 際立っている »