« 困ったときの 月頼み | トップページ | こんな時期にも 鳴いている »

Xまで あと4時間

昨年の11月に光学系を変えてから,俄然,月面撮影がたのしく,楽になりました。そこで,今月も月面Xの撮影に挑戦,です。

今回も空模様が心配だったこと,筒内気流を安定させることもあって,ちょっと早めにスタンバイ。テスト撮影などしてみました。

月面Xまで,あと4時間;2019年01月13日18:31頃

こちらが,18:31頃の撮影。今回は22時前後が見頃ですから,まだまだXは見えていません。撮影前に眼視で観望していると,晴の海にポツリと空いた小さなクレーターが目立っているので切り出してみました。

静の海を拡大,ベッセルクレーター;2019年01月13日18:31頃

天文年鑑によるとBesselで直径が16kmあるようです。そんなサイズのものがコンデジを手持ちで写せてしまうのですね。ちょっと驚きです。

肝心の月面Xの方はというと,こちら。22:10頃の撮影です。

月面X;2019年01月13日22:10頃

月面Xの拡大;2019年01月13日22:10頃

X部分を切り出すとこんな感じになります。クレーターの縁が夜明けを迎えて輝き始めるのって,どんな絵になるんでしょうね。TMA1が夜明けを迎えたシーンが印象深いんですが,実際の映像も見てみたいものです。

2019/01/13 那覇市

|

« 困ったときの 月頼み | トップページ | こんな時期にも 鳴いている »

11_星空・天文」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 困ったときの 月頼み | トップページ | こんな時期にも 鳴いている »