« これなあに? と,聞かれても | トップページ | 襞の間隔一定の法則,なのか? »

メッキが剥がれた,かのような

ナナホシキンカメムシ

今年の梅雨は空梅雨で,蒸し蒸しジメジメしていても雨は降らないという困った天気。週末もグッタリして野外へ出かけることができずにいます。そんな中,ベランダで見つけたのがこの虫。

緑の金属光沢と黒い水玉,赤い脚。ナナホシキンカメムシです(あるいは,ハラアカキンカメムシか)。

が,この個体,背中の部分が変色している。まるでメッキが剥がれたみたい。下地は深い藍色なんですね。本来いるはずもない所で見つかった,ということからも,そろそろ寿命が尽きようとしているのかもしれません。

2018/06/06 那覇市

|

« これなあに? と,聞かれても | トップページ | 襞の間隔一定の法則,なのか? »

01_昆虫」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メッキが剥がれた,かのような:

« これなあに? と,聞かれても | トップページ | 襞の間隔一定の法則,なのか? »