« 水いろめがねは だれのもの | トップページ | これなあに? と,聞かれても »

ライバル接近

アオモンイトトンボ

午前中は島の東部を回ってひと休み,午後も遅くなってから,この地へやって来ました。そうして撮影しているうちに,日も傾き,少し涼しくなって活動が活発になってくる生き物もいます。

湧水から続く流れに繁茂した草むらで,たくさん見られたのがアオモンイトトンボ。群れているのかというくらい,たくさんいましたが,よく見ていると追いかけっこのようなことをしていて,縄張り防衛行動のようです。

この一枚はたまたま同一カットに2個体収まったものです。右個体で背面の特徴がよくわかるかなと思います。

アオモンイトトンボ

こちらの一枚は左側面観。図鑑ぽいですし,2004年7月に渡名喜島で撮影したものから,構図も変わっていないという。大きく写せるようになったのは,もっぱらカメラの性能のおかげ,であります。

2018/04/25 宮古島市下地崎田緑地公園

|

« 水いろめがねは だれのもの | トップページ | これなあに? と,聞かれても »

01_昆虫」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライバル接近:

« 水いろめがねは だれのもの | トップページ | これなあに? と,聞かれても »