« 下まで,青い | トップページ | 主脈に沿って 隠れてる »

スミレの上で ひと休み

ミヤコヒキガエルの幼体

荒れ放題の親水公園で草をかき分け歩いていると,足元でもいろんな動物が見られます。多くは,突然の侵入者を逃れるために飛び出していくバッタやコオロギの仲間たちです。

が,今回はちょっと違ったものが見られました。

2cmほどの黒い影が動き回っているのです。跳び上がることはないのですが,けっこう素早い。しばらく追いかけ回して,ようやく全身が見られるところで撮影できました。

この黒っぽいカエルはミヤコヒキガエルの幼体です。上陸してからどれくらい経つのでしょうか。1年くらいかなぁ。このくらいの大きさだと,いろんな捕食者から狙われているのでしょう。成体ののんびりさとは対照的でした。

夜になって,2010年5月に成体を観察した場所に行ってみると,だいぶ数は少ないですが,活動しているのが観察できました。こちらはライトを向けてもジッとしてくれています。正面の低いところから撮影できました。

ミヤコヒキガエル,正面から

2018/04/25 宮古島市城辺福里地下ダム資料館・下地

|

« 下まで,青い | トップページ | 主脈に沿って 隠れてる »

05_両生類・爬虫類」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スミレの上で ひと休み:

« 下まで,青い | トップページ | 主脈に沿って 隠れてる »