« 留まっているのは 果たして? | トップページ | 下まで,青い »

69のキセキ

環水平アーク

今日は朝からその気配。空一面に薄い雲が広がっていて,何か大気光象が見られそうだと気をつけていたのです。すると,お昼休みの空に虹のような輝きが。

この現象は,環水平アーク。

見つけたときは,文字通り輝いていました。虹なんかよりももっと強い輝きで,明度・彩度共にずっとずっと高く感じられました。後から「空の虹色ハンドブック」(文一総合出版)で調べてみると,太陽高度との関係があるとのことです。測っておけばよかった,とツイートしたところ,著者の一人,池田さん(@keii_iiek)から約69度で,最も明るくなる頃だとご教示いただきました。

環水平アーク

いや,それにしてもウツクシかった。


そして,直後には日暈(22度ハロ)も見られました。

お昼時だったこともあり,周囲の人にも知らせてあげることができて,たくさんの人に見てもらえました。

日暈(22度ハロ)

後日談。
翌日,地元紙が記事にしてくれていたのですが,残念なことに「彩雲」として取り上げられていました。ちょっと調べればわかることですから,新聞記事の信頼にもかかわるのに,と思いました。

2018/04/19 13:31頃 那覇市

|

« 留まっているのは 果たして? | トップページ | 下まで,青い »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 69のキセキ:

« 留まっているのは 果たして? | トップページ | 下まで,青い »