« 白黄緑に 紅一点 | トップページ | 3+(3+5)+5 »

あざとい手つき

ヤガタアリグモの雌

被写体を求めて裏の畑をウロウロ。鵜の目鷹の目で食痕のある葉を裏返したりします。

そうしているうちに,どこかからやって来た小さな影。見慣れてきたのか,もう見間違えることはありません,アリグモです。

特徴的な腹部のくびれと斑紋,ヤガタアリグモの雌です。何枚か撮影した中から,うまく合焦した一枚を選びました。この角度から見ると前中眼がとても大きくて,そろって前を向いていることがよくわかります。上顎は小さくて,しかもコンパクトにたたまれていて目立たない。そして何よりも,絶妙な角度で添えられた第一歩脚。見事にアリの触角を模しています。雄だってなかなかのもんですが,いかんせん上顎が大きくて違和感が出てしまいます。雄には選択圧がはたらかなかったのでしょうか。それとも何か重要な機能があるのか。う~ん。

2018/02/15 那覇市

|

« 白黄緑に 紅一点 | トップページ | 3+(3+5)+5 »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あざとい手つき:

« 白黄緑に 紅一点 | トップページ | 3+(3+5)+5 »