« 黄色い体は夜間の徴 | トップページ | 団体さんで 潜んでる »

ずいぶん 腹黒い

オオシオカラトンボ(?)の雌

夏の陽射しも傾いて,少し涼しくなってきた頃,壁の高いところに見慣れぬトンボが止まっているのに気づきました。いつも群れ飛んでいるウスバキトンボに比べるとちょっと大きくて,何より黒っぽい。これは,黄昏活動性のあいつらか,と慌ててカメラを向けて撮影しました。が,こんな街中で,そんな連中にそうそう出会えるはずもなく,では一体何だろうと図鑑で絵合わせです。

翅の先端がわずかに色づいていること,翅の基部に黒斑があること,胸部の黒条などから,オオシオカラトンボの雌,としました。が,腹部背面,とくに末端に行くほど真っ黒なんだよなぁ。果たして誤同定なのか,成熟に伴う変化があるのか,不明です。

オオシオカラトンボ(?)の雌

こちらは別角度から。腹端の形状から雌なのは間違いないとして,う~ん。

2017/08/13 那覇市

|

« 黄色い体は夜間の徴 | トップページ | 団体さんで 潜んでる »

01_昆虫」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ずいぶん 腹黒い:

« 黄色い体は夜間の徴 | トップページ | 団体さんで 潜んでる »