« 白斑ないけど 黒点キラリ | トップページ | 獲物を運んできたけれど »

ひとりで 家捜し

リュウキュウスナハキバチ

梅雨明けはしたものの,カラッと晴れあがるとはいかず,どんより蒸し蒸しとした天気。でも,虫たちは元気に活動していました。その中でも,足元の砂地を超低空飛行で飛び回る姿。ちょっと小ぶりの黒いハチ。以前にも観察したリュウキュウスナハキバチです。

2006年渡名喜島での観察も梅雨明け直後でした。この時期が繁殖に向けて活発に活動する時期なのかもしれません。不思議なのは,今回の観察では1頭だけだったこと。前回は狭い砂地を大きな群れで飛び回っていたのですが,今回はこの1頭だけでした。

曇天の陰で少し光が足りませんでしたが,観察の記録として,です。

2017/06/26 那覇市

|

« 白斑ないけど 黒点キラリ | トップページ | 獲物を運んできたけれど »

01_昆虫」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/65461543

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりで 家捜し:

» 何を運んできたのかな [SeaStar's Photolog]
先日紹介した時は1頭だけしか観察できなかったリュウキュウスナハキバチ。よくよく探してみたら,大群で営巣していました。さらには,ちょっと離れた砂地にも小規模ながら [続きを読む]

受信: 2017.07.31 17:42

« 白斑ないけど 黒点キラリ | トップページ | 獲物を運んできたけれど »