« 花を食む | トップページ | 裏側からも のぞいてる »

中まで 見えそう

アオミオカタニシ

ウラキヤマタカマイマイの撮影を一通り済ませて,他の個体はいないものかと辺りを見回すと,いました,いました。高い梢を移動中。明るい緑色(に見える)殻が特徴的なアオミオカタニシです。

これまでに,2007年7月糸満市2009年9月沖縄市での観察を紹介してきました。今回は軟体部を延ばしきった姿を撮影できました。しかも,見上げる角度になっているため,殻口もよく見えています。こんなに大きく開いているんですね。そして,殻の下というか後ろ側,薄茶色の蓋が軟体部に包まれるようについているのもわかります。眼が触角の根元にあることからもフツーのカタツムリとはずいぶん違うことがわかりますね。

やはり,霧の影響で湿度が高く,枝の表面もしっとりと濡れていたことが影響しているのでしょう。久しぶりに活動している姿が見られました。

2017/05/04 宮古島市

|

« 花を食む | トップページ | 裏側からも のぞいてる »

02_カタツムリ・デンデンムシ・陸貝」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/65261959

この記事へのトラックバック一覧です: 中まで 見えそう:

« 花を食む | トップページ | 裏側からも のぞいてる »