« ハエトリの蠅捕り | トップページ | 同期か 親子か 兄弟か »

白目を剥いて…いるわけじゃない

リュウキュウハシブトガラス

沖縄の暮らしで珍しいもの,その一つがカラスです。人がたくさん住んでいるところにはカラスがいない,という話を以前紹介しました。

けれども,状況が変わってきているようで,最近は本島中南部でもカラスが数羽で行動しているのを見かけるようになってきました。この時も,カラスが騒いでいるのが聞こえてきたので,慌ててカメラを持ち出して写せた一枚です。

このカラスはリュウキュウハシブトガラス。渡名喜島で撮影した個体をオサハシブトガラスとして紹介しましたが,オサ‐は八重山に分布する亜種のようです。

目が白っぽくなっていますが,もちろんこれは白目では無くて,瞬膜が閉じているため。力むと出てきてしまうんでしょうか。

リュウキュウハシブトガラス

2016/11/28 那覇市

|

« ハエトリの蠅捕り | トップページ | 同期か 親子か 兄弟か »

06_ほ乳類・魚類,菌類などなど」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/65591014

この記事へのトラックバック一覧です: 白目を剥いて…いるわけじゃない:

« ハエトリの蠅捕り | トップページ | 同期か 親子か 兄弟か »