« 味わい深い この模様 | トップページ | 三度目は,思いがけず »

小さくて 大きい世界

フタホシサビカミキリ

ふと気がついて,建物の壁に近寄り,じ~っと見るけど,よくわからない。何しろ小さすぎます。もう,肉眼ではこの大きさで詳細な観察は無理,な年齢です。そこで,マクロ撮影。カメラに備え付けの深度合成機能を使って,何枚か撮影しました。

撮影したものを拡大表示して,ようやく正体判明。カミキリムシのようです。それ以上は図鑑とネットで絵合わせしながら探してみました。

フタホシサビカミキリ,背面から

このカミキリムシはフタホシサビカミキリと考えられます。「カミキリ情報館」内のページを参考にしました。小さくて判然としませんでしたが,こうしてみると,細かな模様もちりばめられていて,とてもキレイ。でも,先のサイトなど見ると,よく似た微少な種がたくさんいるんですね。さらに,「東京昆虫館」内のページによると,なんと,この種はメスしか存在せず,単為生殖しているのだそう。

カミキリムシの世界,噂通り,広くて奥深い世界のようです。

2016/08/17 那覇市

|

« 味わい深い この模様 | トップページ | 三度目は,思いがけず »

01_昆虫」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/64077358

この記事へのトラックバック一覧です: 小さくて 大きい世界:

« 味わい深い この模様 | トップページ | 三度目は,思いがけず »