« 赤銅色は この色か | トップページ | これは もふもふ とはちがうのか!? »

白ならイエメン,黄ならドイツ

フタイロヒバリ

夜更けの駐車場。白い壁に赤と黒。とっても目立っていました。実は,このすぐ横が芝の植栽。そこから飛び出てきたのだろうと想像できます。さて,その正体は?

バッタ,とは思わないのですが,コオロギかマツムシか。よくわからないまま,Twitterに投稿したところ,すぐにご教示いただきました。真に,ネット時代のありがたさ,であります。

この虫は,フタイロヒバリ。ヤマトヒバリと同属の移入種のようです。県内にも広く分布しているようなんですが,これまで気付いていませんでした。この色彩ですから,出会えば必ず撮影していると思うのですが。やっぱり,この種の生息場所に赴くことが乏しい,ということなのでしょう。いろんなフィールドを見つけたいものです。

ところで,和名の「フタイロ」とは,どの色なのか?胸部を中心とした赤は特に目立つので,これは入るでしょう。

もう一色は?

腹部と翅の先端側の黒?

それとも,腿節の白(黄)?

命名者は,どちらに注目したのでしょうかね。

2015/05/31 那覇市

|

« 赤銅色は この色か | トップページ | これは もふもふ とはちがうのか!? »

01_昆虫」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/62056747

この記事へのトラックバック一覧です: 白ならイエメン,黄ならドイツ:

« 赤銅色は この色か | トップページ | これは もふもふ とはちがうのか!? »