« 貝の肩車 | トップページ | 木陰でキラリ 白と瑠璃 »

2つの凸が ポイントです

ミナミヒメシオマネキ,正面から

ルリマダラシオマネキを求めてやってきた,大嶺海岸の泥岩露頭。侵食されやすさにちがいがあるのか,間隔の広い洗濯板状になっています。その溝の中には,削られた泥とサンゴ礫の混合物。そこかしこに泥団子と円い穴があって,これは期待できそうと腰を下ろしてじっと待っていました。

すると,あちこちから出てきます,シオマネキ。ルリマダラか!と撮影してみると,どうも違う。瑠璃っぽさが全くないのです。後からよく見てわかりました。何と,ヒメシオマネキ,です。

もっとも,2010年に新種記載されたそうで,正しくはミナミヒメシオマネキ,になるようです。特徴はオレンジ色になったハサミの下側に2つの歯があること。色合いのよく似たヤエヤマシオマネキのハサミと比べると,その特徴がわかるかと思います(ホントは,もっといろいろ比べなくちゃいけないのでしょうが,わかりやすい識別点はココ)。

ミナミヒメシオマネキ,背面から

こちらは,背面から。ツルッとした甲羅と360°見渡せる眼が印象的です。

このシオマネキ,以前,億首川で観察したことがあって,開けたマングローブなどの泥っぽいところにいるのかと思っていたので,こんな場所で出会えたのには驚かされました。

参考サイト「原色蟹類生態図鑑」のミナミヒメシオマネキのページ

2015/05/04 那覇市大嶺海岸


|

« 貝の肩車 | トップページ | 木陰でキラリ 白と瑠璃 »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/61571660

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの凸が ポイントです:

« 貝の肩車 | トップページ | 木陰でキラリ 白と瑠璃 »