« まだ生き残ってはいるけれど | トップページ | こんなトコにも コハンミョウ »

日傘に触れる 虹色の弧

日暈(内暈)と下部タンジェントアーク

「傘」じゃなくて,正しくは「暈」,というのは前回も使った言い回しですね。

市街地を移動中に太陽の周りに輪ができているのに気づき,慌てて見晴らしのいいところに登って撮影した一枚です。撮影準備ができた頃には,日暈がずいぶん薄くなってきてしまったのですが,その下部が虹色に光っていました。拡大すると,こんな感じ。

下部タンジェントアークの拡大

調べてみると,「下部タンジェントアーク」という現象のようです。太陽高度が30~22度の場合に限って見られるようで,このためもあって,見られる機会が少ないんだとか。下があるなら上も,ということですが,撮影時には上側には何も見られれないようでした。

上部タンジェントアークと外接ハロ

が,日暈に気づいてすぐに停車して,とりあえず撮った一枚をよく見ると…何となく,「上部タンジェントアーク」も写っているようです。そして,全体としては,左右に引き伸ばされた楕円のような,外接ハロになっているようです。

2014/08/16 16:15-16:30頃 那覇市

|

« まだ生き残ってはいるけれど | トップページ | こんなトコにも コハンミョウ »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/60163061

この記事へのトラックバック一覧です: 日傘に触れる 虹色の弧:

« まだ生き残ってはいるけれど | トップページ | こんなトコにも コハンミョウ »