« 瑞兆となるかな | トップページ | あ~かい あか~い 紅いの赤 »

お高い証拠

この日の野外活動は,もう大変。デスクワーク漬けの生活で体調も不充分だったのですが,きつい登りにふらふら。久し振りに貧血昏倒しそうになって,肝心の観察・撮影は殆ど出来ませんでした。やって来たのは,おなじみの県民の森。でも,いつもと違い,熱田側の登山道から入山です。

両錐石英

で,この日のお目当てが,こちらの両錐石英。高温型とも呼ばれるようで,溶岩が573℃以上の時にこの形で結晶するそうです。バックの平行線は6mm罫のノートですから,その大きさが想像できると思います。この結晶を含む母岩がこちら。

石英斑岩中の風化クロウンモ

金色に輝く鉱物がたくさん入っていますが,これは風化したクロウンモ。石英斑岩という岩石になるそうです。そして,何と,この山まるまる貫入岩脈なんだとか。う~ん,なんともスケールが大きくて,その点でも目眩がしそうなお話です。

後日,また訪れて,今度は自分で採集してみたいものです。

2012/09/08 恩納村安富祖県民の森

|

« 瑞兆となるかな | トップページ | あ~かい あか~い 紅いの赤 »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

33_国頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/56421804

この記事へのトラックバック一覧です: お高い証拠:

« 瑞兆となるかな | トップページ | あ~かい あか~い 紅いの赤 »