« ウチナーグチでは「海を歩く人」 | トップページ | 視線はこちらを向いている »

4本脚に見えるのは

オオゴマダラ

二日続きでやってきた玉城のこの施設。離れ際に気づいたところで,パチリと撮影できました。この蝶は,オオゴマダラ。最近は放蝶なんてことが盛んに行われていて,色々心配でもあるんですが,野外で落ち着いていることに出会えなくて,未撮影だったのです。この一枚も,施設の「いかにも」というホウライカガミの植栽にやって来たところでした。

以前紹介した,リュウキュウアサギマダラと同様に,前脚は折り畳み,しまい込んでいるので,4本脚に見えますね。トンボの仲間も同じような止まり方をします。前脚を使わないことに,何か有利な点があるのでしょうか?

2012/08/01 南城市玉城字玉城

|

« ウチナーグチでは「海を歩く人」 | トップページ | 視線はこちらを向いている »

01_昆虫」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/55388746

この記事へのトラックバック一覧です: 4本脚に見えるのは:

» 対称性が 破れてる [SeaStar's Photolog]
もちろん自発的,ではありませんが。 気温が24℃を越え,春を通り越して夏のような日となりました。蝶たちも次々と羽化しているようで,あちこちにこうして羽を休めてい [続きを読む]

受信: 2016.01.31 23:23

« ウチナーグチでは「海を歩く人」 | トップページ | 視線はこちらを向いている »