« 11匹いる! | トップページ | 赤色灯がついている »

いくら何でも あり過ぎ強過ぎ

キンギンナスビ

ぷすっ

まさに,そんな感じ。

大野山林へと続く未舗装の道。その脇に咲く白い花が目に留まったので,葉をめくってよく見ようとしたのです。何気なく葉をつまむと,指先に,先ほどの「ぷすっ」。何と,葉裏に立派なトゲ。それが,固くて長いの。どうやら,葉脈沿いに生えているみたい。よく見ると,茎だけでなく花柄にまで,ビッシリとトゲがついていました。

花と果実の様子から,ナス科だろう,ということは容易に想像がついたのですが,調べるのにちょっと手間取ってしまいました。手元の図鑑に出てないと一苦労です。

この植物はキンギンナスビ。熱帯アメリカ原産の帰化植物だそうです(でも,熱帯アメリカっていう言い方があるのか。中央アメリカではダメなのかな?)。未成熟な果実は写真のように白地に緑線。熟すとトマトのように赤くなるそうです。

2011/05/05 宮古島市大野山林

|

« 11匹いる! | トップページ | 赤色灯がついている »

07_植物」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/51707522

この記事へのトラックバック一覧です: いくら何でも あり過ぎ強過ぎ:

« 11匹いる! | トップページ | 赤色灯がついている »