« いくら何でも あり過ぎ強過ぎ | トップページ | どれがホントの名前なの??? »

赤色灯がついている

ハブもヤマビルもいない宮古島の林は,小さな子どもも安心して連れて行けるフィールドです。だがしかし,毒虫・毒草には要注意。特に,毒虫の類は,気付かぬうちに触れてしまい,後から大慌てということになりかねません。

イラガ科の一種

それで,葉裏には,よく注意するようにしているのですが,今年は写真の毛虫が大発生していました。姿形が,いかにもキケン。背面中央の赤橙色の突起が気になるのですが,とても触る勇気はありません。ドクガの幼虫かなぁ~,それともイラガかなぁ~,と思いつつの撮影でした。

戻ってからネットで検索。いつもお世話になっている,【みんなで作る日本産蛾類図鑑V2】によると,未だ名前がつけられていないようです。成虫写真も掲載されていません。南方から最近侵入してきた種なのでしょうか?

2011/05/05 宮古島市大野山林


|

« いくら何でも あり過ぎ強過ぎ | トップページ | どれがホントの名前なの??? »

01_昆虫」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/51730818

この記事へのトラックバック一覧です: 赤色灯がついている:

« いくら何でも あり過ぎ強過ぎ | トップページ | どれがホントの名前なの??? »