« 普段は見にくい この厚み | トップページ | 11匹いる! »

木立の陰から そっと窺う

カラスバト

大野山林を歩いていると,いろいろな野鳥の声が聞こえてきます。その中で,ちょっと地味だが印象深いのが,このカラスバト。「ウッウー」と聞きなせばよいのでしょうか,低く太い鳴き声は,一度聞いたら忘れられません。今回も,何度も聞くことができました。

カラスバト

ところが,このカラスバト,大野山林ならどこでも見られる,ということではなさそうです。今回,初めて,より海側の林分へと足を伸したのですが,そちらでは,まったく聞かれなかったのです。林の見た感じは変わらないし,その他の野鳥は変わりなく飛び回っているし,何故でしょう?

前回,姿を撮影できたのは,2000年1月に宮古島野原岳霊石でのことでした。それから10年以上を隔てての再会となりました。

2011/05/05 宮古島市大野山林

|

« 普段は見にくい この厚み | トップページ | 11匹いる! »

04_鳥」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

カラスバト、非常に羨ましいです。10年に1回でも羨ましいです。

投稿: taimyrensis | 2011.05.21 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/51691139

この記事へのトラックバック一覧です: 木立の陰から そっと窺う :

« 普段は見にくい この厚み | トップページ | 11匹いる! »