« 寄り添うように 見えるだけ | トップページ | 頭一つ 飛び出てる »

渡名喜残照 再び

渡名喜島へ沈む夕日を望む

今年は台風が少ない,ということもあって,ここ数日は夏らしい好天続き。日中は刺すような陽射しですが,日が傾けば涼風(シダカジ)が吹いて,とても心地よい時間です。空には綿雲が並び,夕日に映えて様々な色合いです。そんな風景をボーッと眺めている,ウチナー口(沖縄方言)でいうところの「チルダイ」の状態です。

で,ハッと気づくと日没。ちょうど島影に日が沈んで行きます。慌てて撮影したのがこの写真。渡名喜島へ沈む夕日を望む,です。

以前,渡名喜島の島影を紹介したのも8月でした。この時期,大気が安定して水平線までよく見通せるのかもしれません。

2010/08/02 那覇市

|

« 寄り添うように 見えるだけ | トップページ | 頭一つ 飛び出てる »

11_星空・天文」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/49046560

この記事へのトラックバック一覧です: 渡名喜残照 再び:

« 寄り添うように 見えるだけ | トップページ | 頭一つ 飛び出てる »