« 藪でパチパチ 聞こえたら | トップページ | やがて 崩れてゆく 姿 »

誰が主役か わからない

エノコログサ,オキナワツヤハナバチ,ホソハリカメムシ

農道脇の草むらで見つけた,どれが主なのかよくわからない構図の一枚。

まず,黒いハチ。これまで何度か紹介してきたオキナワツヤハナバチです。ここでは蜜も吸えないだろうに,何してるんでしょう?日も傾いてきたから,今夜の寝床,ということでしょうか?

そして,茶色の虫。これまた何度も紹介してきたホソハリカメムシ。こちらはイネ科草本が好き,ということですから,ここにいるのも納得できます。下の個体は,翅ができる前の幼虫(おそらく終齢)ですね。

組み合わせがオモシロイかな,と思って撮影したのですが,こうしてみると焦点がハッキリしませんねぇ。無理矢理ですが,植物の方で。

この植物は,エノコログサ。全国でおなじみの野草,ですね。

変種やら近似種がいろいろあるようで,決め手に乏しいのですが,果実のようす,穂のようすから,エノコログサとしておきます。

2010/07/24 渡名喜村ンジャ

|

« 藪でパチパチ 聞こえたら | トップページ | やがて 崩れてゆく 姿 »

01_昆虫」カテゴリの記事

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/48990019

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が主役か わからない:

« 藪でパチパチ 聞こえたら | トップページ | やがて 崩れてゆく 姿 »