« 往来の端っこで | トップページ | 木洩れ日浴びて 毛が光る »

ヒメというには,地味系の

リュウキュウヒメカミキリ,正面 今回の宮古島行き,宿泊場所が郊外なので,期待していたのが外灯に集まる虫たち。期待に違わず,宿の壁にはたくさんの虫が集まっていました。

ところが…

ほとんどは,図鑑の絵合わせレベルでは同定できないものばかり。図鑑やリストの記述を元にネットで検索しながら,あーでもない,こーでもないと悩む日が続いています。


そんな中で,何とか目星が付いた,このカミキリムシ。リュウキュウヒメカミキリと同定しておきます。正面から見ると,ちょっとワイルドな感じ。背面からは,鞘翅表面のぼやけた感じが何とも地味。

リュウキュウヒメカミキリ,背面

もちろん,ヒメーは媛で姫ではないのですが。

2010/05/01 宮古島市下地皆愛

|

« 往来の端っこで | トップページ | 木洩れ日浴びて 毛が光る »

01_昆虫」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/48472252

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメというには,地味系の:

« 往来の端っこで | トップページ | 木洩れ日浴びて 毛が光る »