« やっぱり,勘違いしてしまうよなぁ | トップページ | 着替えの途中 なのかもしれない »

不思議なことに ここにいる

スジホシムシ

ミヤコトカゲの姿を求めて歩き回った岩礁海岸,ふと足元を見ると,モゾモゾと蠢く細長い生き物。

写真のように,石灰岩の巨礫の隙間,サンゴ砂や打ち上げられた有孔虫ににまみれて,薄茶色の生き物がいます。

一端からは,触手状の部分を出し入れして,砂に潜りたいようす。

この生き物は,スジホシムシ。星口動物門という分類群に属していて,軟体動物や環形動物と類縁が深いようです

干潟の生き物,というイメージがあったので,こんなところで見つけて,ちょっとビックリ。星口動物の由来となった,陥入吻先端の触手の並びを撮影できなかったのが,ちょっと残念です。

2010/05/03 宮古島市城辺新城海岸

|

« やっぱり,勘違いしてしまうよなぁ | トップページ | 着替えの途中 なのかもしれない »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/48384363

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なことに ここにいる:

« やっぱり,勘違いしてしまうよなぁ | トップページ | 着替えの途中 なのかもしれない »