« ヒメというには,地味系の | トップページ | 松から梅へ やっぱり間違い »

木洩れ日浴びて 毛が光る

ケブカクロハムシダマシ 実物は,本当にキラキラとしていて美しかったのです。写真では,それが表現できていませんねぇ。でも,鞘翅にビッシリと生えた毛の様子はわかるかと思います。

昼休みに,ちょこっと外出。植え込みに木々に食痕を見つけたので,何かいないかと葉裏を探しているときに見つけた甲虫です。

図鑑にはそれらしき虫が見当たらず,リストやネットを駆使して,何とかこれと思える名前に出会いました。


その名は,ケブカクロハムシダマシ。毛深-黒-葉虫-騙し。字面から,これだっ!と決めつけて,さっそく画像検索したのですが,余りネットに情報がない。生態写真と言えるのはこちらのサイトのものくらいしか見つけられませんでした。

う~ん,こんなに情報がないのなら,もう少しいろんな角度から撮影しておけばよかった,と悔やんでも,後の祭り,でした。

2010/05/26 浦添市屋富祖


|

« ヒメというには,地味系の | トップページ | 松から梅へ やっぱり間違い »

01_昆虫」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/48478780

この記事へのトラックバック一覧です: 木洩れ日浴びて 毛が光る:

« ヒメというには,地味系の | トップページ | 松から梅へ やっぱり間違い »