« 小物だけれど | トップページ | 裏は複雑 »

ペロリと舐めた その後は

モンパノキにツマグロキンバエ

炎天下の海岸をウロウロ。一通り撮るべきものは撮ったかなぁ,と考えて,陸寄り崖際の植物群落へ。小さな白い花を着けた低木に惹かれたのです。

この木はモンパノキ。県内では海岸でごく普通に見られる木です。花,というか花序は遠目にはビミョーなカンジですが,近寄ってみれば,このように可憐な姿を見せてくれます。

で,今回,この花に集まっていたのがツマグロキンバエ。釣り鐘型の花の奥に頭を突っ込んで,しきりに蜜を舐めとっていました。

このカットは,吸蜜の後に顔を出したところ。口吻を伸び縮みさせているようすが,いかにも「美味かった!」というように見えました。

2010/05/03 宮古島市城辺新城海岸

|

« 小物だけれど | トップページ | 裏は複雑 »

01_昆虫」カテゴリの記事

07_植物」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/48408655

この記事へのトラックバック一覧です: ペロリと舐めた その後は:

» この時期は 大活躍!? [SeaStar's Photolog]
大野山林の中を通る遊歩道は,それなりに人が通るためか,外部から持ち込まれた野草が繁茂しています。その中でも一大勢力はこの花,センダングサ。 今回の観察で目につい [続きを読む]

受信: 2011.05.22 20:22

« 小物だけれど | トップページ | 裏は複雑 »