« 初見の一品と思いきや | トップページ | やっぱり,勘違いしてしまうよなぁ »

穴があっても 入れない

キバオウギガニ

ミヤコトカゲの姿を求め,石灰岩の巨礫が転がる高潮帯をウロウロ。

と,足元の転石に,紫と黄色という強烈なカラーリングのカニがいました。ササッと動いて逃げ隠れようとしたのですが,入ったところが悪かった。半身も隠すことができてません。おかげで,じっくり撮影できました。

このカニは,キバオウギガニ。サンゴ礁域でよく観察できるオウギガニの仲間でも,最も高いレベルで生活しているようです。それだけ目にしやすい種類,ということもできるでしょう。

背面から見てみると…

キバオウギガニ

この種の特徴である,よく分かれた甲域や前側縁の5歯,額の4歯がわかります。次のチャンスでは,鋏を含めて,脚を撮影してみたいものです。

20010/05/03 宮古島市城辺新城海岸

|

« 初見の一品と思いきや | トップページ | やっぱり,勘違いしてしまうよなぁ »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

45_宮古の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/48349436

この記事へのトラックバック一覧です: 穴があっても 入れない:

« 初見の一品と思いきや | トップページ | やっぱり,勘違いしてしまうよなぁ »