« 鳴き交わしながら 去ってゆく | トップページ | 壁に向かって大きくジャンプ…したわけないか »

この色つやが 独特の

雨後の筍ならぬ「雨後の若布」とばかりに,あちこち蔓延るナゾの物体。

イシクラゲ

宮古島に暮らしていたときには,美味しく炒めたものを頂いたこともありました。

そう,この物体,食材なんですね。作ってくれた方曰く,「学校のグランドに生えてるのが一番いい。犬猫もこないし,薬も播かれてない。」だそうです。

きらきら光る透明感が食欲をそそる(?)この生き物は,イシクラゲ。植物,それもかなり原始的なランソウの仲間です。単細胞の体が連なり,その周りに寒天質を分泌して,こんな物体になっているのだそうです。

固めのスライム,といった感じです。

2009/10/17 糸満市

|

« 鳴き交わしながら 去ってゆく | トップページ | 壁に向かって大きくジャンプ…したわけないか »

07_植物」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/46665187

この記事へのトラックバック一覧です: この色つやが 独特の:

« 鳴き交わしながら 去ってゆく | トップページ | 壁に向かって大きくジャンプ…したわけないか »