« 今度は 近くから | トップページ | こちらの方が 自然な 色合い »

ミニマム限界

クロホシテントウゴミムシダマシ カタツムリを求めてやってきた,雨上がりの城跡。雨のためか,それとも時間帯のためなのか不明ですが,林の中はとても静かで,鳥の気配やセミの声も聞こえてきません。

で,例によってカメラを手にウロウロするのですが,そうして見付けたのがこの昆虫。以前,糸満市で観察したクロホシテントウゴミムシダマシです。上段はいつものデジカメ・マクロモードで,下段はデジタル顕微鏡Vitiny VT-101で撮影しました(同一個体です)。


デジカメの方は色のバランスや解像度が自然な感じです。それに対して,デジタル顕微鏡では触角の節や複眼もしっかり識別できます。けれども,色合いが,とてもヘン。jpeg圧縮の関係なのか画像もたいへん荒くなっています。そして,何より,強い照明から逃げ回るために視野で合焦するのがとても難しい。やはり,使い道を選ぶ道具のようです。

クロホシテントウゴミムシダマシ交尾

別な場所では,交尾している個体も観察できました。こちらは,デジカメで撮影後リサイズしていません。色合いはともかく,微細な部分はデジタル顕微鏡には敵いませんね。

2009/08/22 沖縄市知花城跡

|

« 今度は 近くから | トップページ | こちらの方が 自然な 色合い »

07_植物」カテゴリの記事

34_中頭の自然誌」カテゴリの記事

Vitiny」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/46036395

この記事へのトラックバック一覧です: ミニマム限界:

» 暗くて 湿った 人工物 [SeaStar's Photolog]
三度目の観察も,これまでと同様,陸貝を求めてウロウロしている時の出会いでした。そして,いずれの場合もタイトル通り,暗い林の中にある湿った人工物,コンクリートの上 [続きを読む]

受信: 2016.08.11 02:35

« 今度は 近くから | トップページ | こちらの方が 自然な 色合い »