« 今が 盛りか | トップページ | 狭い ギザギザ »

角度を変えると 見えてくることもある

イワカワシジミ

この日やって来たのは,人里離れた(?)山の中。養鶏場に沿って未舗装の道が続きます。道沿いは林が迫っていて,生き物観察に中々適した場所なのです。

そんな場所で見つけたのが,この蝶。イワカワシジミです。留まっているときにチラリと見えた表(内)側に輝くような青い紋があったので,この個体はオスだろうと考えられます。

で,やっぱり 交わってるなぁと思いながら撮影していると,ふと気付いたのです。後翅の黒点が角度を持っていることに。

これまで,撮影の時は翅の紋様がよく見えるようにできるだけ真横からレンズを向けていました。ところが,この写真の角度から見ると,この黒点部分が外側に向けて折れ曲がっているのがわかったのです。尾状突起が触角で,黒点は複眼の擬態になっていて,捕食者を惑わす効果があるという話は聞いていました。こうしてみると,黒点が横に張り出すことで,より一層頭部らしく感じられます。

これで後翅を摺り合わせ,尾状突起を動かすと,本当にこちらが前のようです。ここまで来るのに働いた自然選択に感心させられました。

2009/08/18 南城市大里・真境名

|

« 今が 盛りか | トップページ | 狭い ギザギザ »

01_昆虫」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/45993155

この記事へのトラックバック一覧です: 角度を変えると 見えてくることもある:

« 今が 盛りか | トップページ | 狭い ギザギザ »