« この姿勢では 辛すぎる | トップページ | バットの親指 »

玉虫色は ハッキリしない

タマムシ;自然光で

集合時間に間に合うだろうかと,ちょっと慌てて道を急ぎます。とはいっても,目線は常に被写体を探して,あちこち宙を彷徨います。端から見れば,きっと怪しいヤツに見えるのでしょうね。

そうして見付けたのがこの虫,タマムシです。道ばたの枯れ木の上を歩き回っていました。しかし,その落ち着かないこと。止まっているところは太い幹なのですが,飛び立つこともなく,ぐるぐる回ったり,上へ下へと忙しく動き回っています。昼過ぎの時間帯ですから,見上げるようにカメラを構えると逆光気味になって,余り上手く写せませんでした。この一枚は「玉虫色」がよく出ているかな,というもの。フラッシュを焚いたら,こんな写りになってしまいました。

タマムシ;フラッシュで

次の機会には,ぜひ,見下ろす視線で撮りたいものです。

2009/08/05 沖縄市こどもの国

|

« この姿勢では 辛すぎる | トップページ | バットの親指 »

01_昆虫」カテゴリの記事

34_中頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/45852905

この記事へのトラックバック一覧です: 玉虫色は ハッキリしない:

» 偶々水玉 [SeaStar's Photolog]
この日は外勤で本島南部へ。街中とは違って,生き物も見慣れぬ(?)物がいっぱいです。とは言っても,きちんと管理されてる場所なので,二次林で見られるものばかりなので [続きを読む]

受信: 2012.08.04 01:45

« この姿勢では 辛すぎる | トップページ | バットの親指 »