« 近づくことは できないけれど | トップページ | オスの出番は どうなるの? »

海崖にあいた 鼻の穴

天仁屋の海蝕洞

地層の褶曲や生痕化石で名高いバン崎には,天仁屋川河口からのアプローチとなります。その左岸(北側)に見られた地形です。

嘉陽層が褶曲などにより大きく傾いていて,その一部が浸食されて海蝕洞になっています。対岸から見ただけで4カ所認められたのですが,そのうちの2つが,何だか鼻の穴のように見えるのです。やや右に傾いているのはご愛敬。

県内の洞窟というと,鍾乳洞がほとんど,ということですから,こういった地形は珍しいといえそうです。すくなくとも,かなり容易に観察できる場所にありますから,お薦めポイントということで。

20090/7/25 名護市天仁屋

|

« 近づくことは できないけれど | トップページ | オスの出番は どうなるの? »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

33_国頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/45860291

この記事へのトラックバック一覧です: 海崖にあいた 鼻の穴:

« 近づくことは できないけれど | トップページ | オスの出番は どうなるの? »