« 一番深い | トップページ | "No one will be watching ..." とはいえ撮影しちゃいました »

やがて消えゆくこの姿

マチナト石灰岩の露頭

崖を見つめるたくさんの人。これは,遺跡発掘調査現地観察会の様子です。

ここは,江戸末期から明治初期のお墓(近世墓というそうです)が集まっていた古墓群です。で,わたしの関心はというと,お墓ではなくて,専らその素材となっている石の方。ここは,琉球石灰岩の中でも最も新しいマチナト(牧港)石灰岩の模式産地なのですね。

マチナト石灰岩の拡大

この地層が堆積したのは,今から13~12万年前のことだそうです。港川人より,ずっとずっと前ですね。この石灰岩の特徴は,別名「粟石」とも呼ばれるように,粗い粒子がくっついた「粟おこし」のようなつくり。これは,ほぼ有孔虫のみが堆積したためだそうで,軽くて加工しやすいことから,様々な用途で活用されてきたのだとか。お墓,もその一つ,ということですね。

さらに,この場所では,強い流れのもとで堆積が起きたために,斜交層理(クロスラミナ)がハッキリと観察できます。この写真は,交差法で立体視するように作ってあります(練習法はこちら)。教科書的な観察の適地,だそうです。
斜交層理

で,こうして観察会が開かれたのは,調査が終わって,全て壊してしまうから,なんですね。そもそも調査が行なわれたのも,県道建設に伴なう記録保存のため。壊すのが前提の発掘調査だったわけです。現地では,何とか残せないか,という声も上がっていたのですが,こうして記録,公開されるだけでも,うらやましいな,と思います。生きものたちは,気付いたときにはもういない,というケースが普通ですから。

2009/02/21 浦添市牧港地先,崎原(サチバル)古墓群


|

« 一番深い | トップページ | "No one will be watching ..." とはいえ撮影しちゃいました »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/44419026

この記事へのトラックバック一覧です: やがて消えゆくこの姿:

» 港川巡検 [気儘に浦添]
久し振りのフィールドワークは,やっぱり おきなわ石の会。 今回は,遺跡発掘で観察 [続きを読む]

受信: 2009.03.21 18:14

« 一番深い | トップページ | "No one will be watching ..." とはいえ撮影しちゃいました »