« 空の笑顔 | トップページ | 時には 腰を低くするのも必要か という話 »

霞んだようには 見えないけれど

ハナガスミカノコ

年の暮れも迫ったこの日,午後からは雨の予報となっていたのですが,意地で出掛けてみました。やって来たのは,本島南部,糸満市の海岸。ここは18年前にヒメカノコをたくさん見かけたのですが,その後,すっかりいなくなっていた場所なのです。

今回もあまり期待しないで行ってみたのですが,意に反して,小型のアマガイ類がたくさん見られました。これは,と期待して観察したのですが,どうも違うようです。ヒメカノコにしては,螺塔が高すぎますし,蓋に色帯がある。そこで,ハナガスミカノコに同定しました。これまで観察していたハナガスミカノコは,いずれも本島北部産。殻色が暗く,ずいぶん印象が違うので,まだ迷いがあります。中には,こんな色彩の個体もいたので。

ハナガスミカノコ

2008/12/29 糸満市喜屋武漁港北側のビーチ

|

« 空の笑顔 | トップページ | 時には 腰を低くするのも必要か という話 »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/43570949

この記事へのトラックバック一覧です: 霞んだようには 見えないけれど :

« 空の笑顔 | トップページ | 時には 腰を低くするのも必要か という話 »