« 他の花より多いのに | トップページ | 二度目に出会った この姿 »

エラブというイラブー

エラブウミヘビ
久高といえば,やっぱりこれを期待せずにはいられません。もちろん,海洋生物ですから,県内各地で見られるのですが,観光客にもよく知られた久高島の特産品,「イラブーの燻製」の材料ですから。

で,今回の巡検では,このイラブーを捕る場所(イラブーガマ)まで見学しにいったのです。その時見えていたのがこのカット。体の一部しか見えていないのですが,こちらのサイトを参考に,黒帯の太さなどから同定しました。

このイラブーはエラブウミヘビ。青く輝く鱗がとってもキレイです。サイトの記載によると,昼間はこうして陸で休んでいるようです。ウミヘビのイメージがちょっと変わりました。

2008/09/20 南城市久高島

|

« 他の花より多いのに | トップページ | 二度目に出会った この姿 »

05_両生類・爬虫類」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/42573420

この記事へのトラックバック一覧です: エラブというイラブー :

» 鰓もあるし 鰭もある [SeaStar's Photolog]
牙はないけど,歯はあるのかな。 干潟で遊んだ帰り道。もうすぐ陸に上がるぞというところで見つけた,シマウミヘビです。ウナギ目ウミヘビ科のお魚ですね。 最初は,ホン [続きを読む]

受信: 2013.01.01 00:51

« 他の花より多いのに | トップページ | 二度目に出会った この姿 »