« オレンジ黒縞 正体不明 | トップページ | これは詐欺だろぉ~ という話 »

バンザイ姿は この次に

ヒメヤマトオサガニ

泥岩の露頭といろいなカニの姿を求めて,度々訪れている大嶺海岸。広い干潟には砂,サンゴ礫,そして岩盤といった様々な底質が見られ,それに応じて,生き物にも変化が見られます。これまではシオマネキの仲間に注目していました。というのも,この仲間は色彩などの特徴がハッキリとしていて,同定がラクなのです。だがしかし,それ以外のカニも当然見られます。

中でも,比較的大型で気になっていたのが写真の種類。シオマネキとは違って,左右の鋏脚が同じ大きさです。それから,水が溜まったような所で見られるように感じます。撮影のために近付いてみると,この辺りは随分と柔らかく,足が埋まってしまいました。こんな所は,この海岸でもごく限られた場所にしか見られないようです。

このカニは,ヒメヤマトオサガニ。シオマネキのようにハサミを振るんですが,両方のハサミを同じように持ち上げ,それと一緒に脚も伸ばして,精一杯背伸びをするかのように見えるんだそうです。そこから種小名はbanzaiとなったんだとか。

ぜひ,見てみたいものです。

2008/08/18 那覇市大嶺海岸

|

« オレンジ黒縞 正体不明 | トップページ | これは詐欺だろぉ~ という話 »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/42274760

この記事へのトラックバック一覧です: バンザイ姿は この次に :

« オレンジ黒縞 正体不明 | トップページ | これは詐欺だろぉ~ という話 »