« 腕立て伏せが好き | トップページ | 赤眼連盟 »

こんなとこまで 見通せる

渡名喜島から望む伊江島

久し振りの渡名喜島。強い日差しに,体力は限界。もう,フラフラです。だがしかし,それだからこそ見られるものもある,という一枚です。

撮影地は,渡名喜島の南部山塊をぐるっと一回りする林道のほぼ最高点,渡名喜園地にある展望台です。ここからは,久米島,粟国島,座間味・渡嘉敷の島々,そして沖縄本島がよく見えます。で,これまで3年間島で暮らしていて,全く気付いていなかったのですが,伊江島もしっかりと見えるのですね。特徴的な城山(タッチュー)のシルエットと,島全体が水平線の上に見えています。直線距離にして70~80km,標高は城山が172m,展望台が165mほど。数字にすると,見えて当然という気もしますが,実際に目にすると,とても新鮮な感動がありました。

2008/08/01 渡名喜村大本田渡名喜園地展望台

|

« 腕立て伏せが好き | トップページ | 赤眼連盟 »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/42101371

この記事へのトラックバック一覧です: こんなとこまで 見通せる :

« 腕立て伏せが好き | トップページ | 赤眼連盟 »