« 地味ながらも 歴史を語る | トップページ | ▲×〓○・◎ »

暑さ対策の決め手は しっかり給水

クロスジスズバチ吸水

地学巡検の準備も兼ねて,うるま市与那城の海中道路を渡り,宮城島へとやって来ました。台地状になった島は,東側斜面に大きな集落が位置しています。これは,どうやら湧き水の分布と関係がありそう。島尻層群と琉球石灰岩が傾きながら不整合に重なっているので,島の東側に湧き水が集中しているのだそうです。

で,その中でも,集落で大切にされてきた共同井戸を訪れてみました。暑さの盛りなためか,たくさんのハチが集まり,盛んに吸水していました。写真は,その中でも種名がすぐにわかったもの,クロスジスズバチです。以前に,花の蜜を吸っているところ,巣の補強をしているところを紹介しました。どれも,暑い季節の撮影です。

2008/07/06 うるま市宮城島上原ヤンガー

|

« 地味ながらも 歴史を語る | トップページ | ▲×〓○・◎ »

01_昆虫」カテゴリの記事

34_中頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/42109278

この記事へのトラックバック一覧です: 暑さ対策の決め手は しっかり給水 :

« 地味ながらも 歴史を語る | トップページ | ▲×〓○・◎ »