« その時間には まだ早い | トップページ | 俺を踏み台にしたぁ!? »

ネバネバになって 突き出ている

県都那覇に残された貴重な森林環境,末吉公園。では,なぜ残されたのかというと,王国時代の王族たちの墓地だったからなのですね。で,公園の奥へ奥へとどんどん歩いていくと,やがて,公園なのか一般の墓地なのか,判然としない領域となっていました。ちょうど,清明祭の頃で,お墓参りの方が多かったからよいものの,誰もいない状況では,ちょっと歩きにくい雰囲気でした。


ツクシメナモミ

そんな道端に大きな群落を作っていたのがこの植物。パッと見ただけでは,センダングサのような花。でも,よく見ると,花の周りに棍棒状の付属物,おそらく葉の変形したものが突き出しているのです。舌状花も黄色だし,改めて調べてみると,キク科ではありますが,もちろんセンダングサ類とは別物。ツクシメナモミのようです。

花が終わって果実ができると,この粘着部によって動物の体に付き種子散布を行なうのだそうです。センダングサ類が反しの付いた針状突起を使っているのとは随分違っていますね。

2008/04/29 那覇市末吉公園

|

« その時間には まだ早い | トップページ | 俺を踏み台にしたぁ!? »

07_植物」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/41543272

この記事へのトラックバック一覧です: ネバネバになって 突き出ている:

« その時間には まだ早い | トップページ | 俺を踏み台にしたぁ!? »