« 暗がりで ひっそり | トップページ | 白星ではありません »

暗がりで はっきり

マルバルリミノキ
晩秋の夕刻,森の中はもう薄暗くなってきています。周囲の木々も光を失い,深緑と言うよりは,陰の中に沈んでいくかのようです。被写体を探して鵜の目鷹の目で歩き回るのですが,こうなるとなかなか見るべきものに出会えません。

そんな中で目を引いたのが,この青い果実。青というにはやや濃い色味,そして艶。よく見ると細かい毛がびっしりと生えているのですが,深い緑の森の中で,ひときわ目を引く色合いです。

この果実は,マルバルリミノキ。そのまんまの命名,という気もしますが,やはりこの点が特徴なのでしょう。同属の(素人目には)よく似た何種類かが県内の山地林内で見られるようです。写真の株は葉柄がほとんど無いことなどからマルバ-としました。

2007/11/17 恩納村県民の森

|

« 暗がりで ひっそり | トップページ | 白星ではありません »

07_植物」カテゴリの記事

34_中頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/17309606

この記事へのトラックバック一覧です: 暗がりで はっきり:

« 暗がりで ひっそり | トップページ | 白星ではありません »