« 半ば開いた その間から | トップページ | 裏は オレンジ »

これでは 迂闊に 触れない

キベリヒゲナガサシガメ
蝶の姿を求めて,公園内をウロウロ。すると,植栽の一角が背の高いイネ科草本(ススキ?)に覆われている場所に行き当たりました。何か被写体はないかと近付いたときに,目に飛び込んできたのがこの虫,キベリヒゲナガサシガメです。

いい角度から撮影しようと,いろいろ向きを変えていると,上体を持ちあげて,何だか威嚇しているようです。ちょっと怖いのは,この口吻。頻りに動かしていて,迂闊に捕まえようものなら,すぐさまグサリと刺されそうです。前胸部の棘も鋭そうですが,やはり,注意しなくてはならないのはこちらの方かな,と思います。

2007/10/22 糸満市真栄里

|

« 半ば開いた その間から | トップページ | 裏は オレンジ »

01_昆虫」カテゴリの記事

32_島尻の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/16978973

この記事へのトラックバック一覧です: これでは 迂闊に 触れない:

« 半ば開いた その間から | トップページ | 裏は オレンジ »