« 400Ω!? | トップページ | ハートのマークは まだ見えない »

当地では ありふれた

オジギソウ
沖縄の地に移り住んだ頃,見るモノ聞くコト,次々と驚かされて,文化と自然の多様性を感じていたものです。この植物もその一つ。生まれ育った東京では,発芽させるのが難しく,しかも一年草。さらには,いじくり回して枯らしてしまいがち,という貴重植物だったのです。

ところが,こちらでは道端でごく普通に咲いている。しかも,冬場になっても姿が消えない。何と本来は南米産の多年草だったのです。ちょうど,イチョウと反対の立場のような感じです。

この植物は,オジギソウ。葉や花がギンネムにソックリです。というか,ギンネムを初めて見たときは,お辞儀をするものと思い込んで,葉っぱを触っていました。

2007/08/26 那覇市

|

« 400Ω!? | トップページ | ハートのマークは まだ見えない »

07_植物」カテゴリの記事

31_那覇・浦添の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/16716575

この記事へのトラックバック一覧です: 当地では ありふれた:

« 400Ω!? | トップページ | ハートのマークは まだ見えない »