« 厚みというものに乏しい | トップページ | 邪魔か誘いか »

縞といいつつ網目模様

シマキンパラ
水鳥を撮影しに行った水田地帯。けれども,お目当ての鳥たちの警戒心はとても高く,それに加えて田植え前後ということもあり,見通しは抜群。420mm相当の望遠を持ってしても,満足いく距離まで近付くことができませんでした。

そんな中で,何とか見られるカットがこの一枚。5~6羽の小さな群れで盛んに草の実を啄んでいた,シマキンパラです。最初はスズメだろうと思って通り過ぎたのですが,どうも引っ掛かる。背中に斑紋がなかったのです。それで,思い直して撮影。画面で確認すると,スズメとは全く違う模様でした。

同属のキンパラ・ギンパラに合わせたわせたのか,アミハラ(網腹)と呼ばれることもあるようです。80年代終わりに籠抜け・放鳥によって沖縄に定着した移入種だそうです。

2007/08/16 金武町

|

« 厚みというものに乏しい | トップページ | 邪魔か誘いか »

04_鳥」カテゴリの記事

33_国頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/16207804

この記事へのトラックバック一覧です: 縞といいつつ網目模様:

« 厚みというものに乏しい | トップページ | 邪魔か誘いか »