« これでも 素早いんです | トップページ | 角といったり,髭といったり »

小さくても 効き目は抜群

ヤクシマギンツバメ 以前も同じようなことを書いたのですが,鱗翅目の後翅にある斑点の話です。写真の蛾も尾錠突起の近くに2つの黒斑があるのですが,左側の翅は,そこが破れて失われています。捕食者が頭部と間違えてそこを襲うから,といわれていますが,そんなことを感じさせる姿です。2つ並んでいる所なんて,真の頭部にある複眼のようすによく似ていますね。
この蛾は,ヤクシマギンツバメ。野外バーベキュー場の流しにとまっていました。単純な白とは違う(といって銀と言うほどではなくて,銀灰色)の微妙な差で縞模様が描かれていて,そこが美しいと思います。ツバメガというグループ(科)があるのですが,この尾錠突起からつけるには,ちょっと無理があるような気もします。

2007/07/21 国頭村楚洲

|

« これでも 素早いんです | トップページ | 角といったり,髭といったり »

01_昆虫」カテゴリの記事

33_国頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/16054642

この記事へのトラックバック一覧です: 小さくても 効き目は抜群:

« これでも 素早いんです | トップページ | 角といったり,髭といったり »